家庭用パソコンがウイルスに感染するとサーバー化する

家庭用パソコンにはサーバーに必要な機器がすべて入っていて、設定によってはインターネットに公開することができますが、通常はそうなっていません。

もし、サーバー化してしまったら、パソコンの中に保存しているプライベート画像や動画、あるいは文書ファイルが不特定多数の人にダウンロードされてしまうからです。


なので、普通に使っている限りはデータ流失の心配はありませんが、例外があります。



それはコンピューターウイルスに感染してしまった場合です。



よく、家で作業をするために会社の重要書類を自分のパソコンにダウンロードして、そのパソコンがウイルスに感染してしまい、書類や個人情報が流失してしまうという事件がありますが、その原因がサーバー化なのです。

ウイルスによって家庭用パソコンがサーバー化するとはどのようなことかというと、本来であれば、外部からのアクセスを遮断するファイアウォールというシステムの設定が書き換えられてしまい、特定のフォルダが共有フォルダとして公開され、そこにアクセスされてしまうということです。

ウイルスソフトによっては、感染すると自動的に匿名掲示板などにIPアドレスを書き込み、不特定多数の人にアクセスできることを知らせてしまうので、簡単に侵入されてしまうのです。
こうした被害を防ぐためには、とにかくウイルスに感染しないことです。

必ずセキュリティソフトをインストールしておくとともに、メールなどに添付されている不審なファイルは不用意に開けないようにしましょう。



top